FUTAMURA RECRUIT

ENTRYENTRY

CROSS TALK #3クロストーク|女性社員×女性社員

女性目線で職場の雰囲気や働きやすさ、社内制度、
これからの目標など、ざっくばらんに語ってもらいました。
女性社員×女性社員
女性社員×女性社員
加藤 咲衣 フィルム設計グループ主任

加藤 咲衣

フィルム設計グループ
主任

牛山 綾子 品質グループ CPP品質チーム

牛山 綾子

品質グループ CPP品質チーム

目次

session01フタムラ化学を選んだ理由、決め手になったことは何ですか?

牛山

私は地元が愛知なので東海地区にあるメーカーに就職したいと漠然と思っていて、医療機器や自動車部品、化学等ジャンルを問わず就職活動をしていました。
就職活動を進める中で自分の身近にある製品、生活になくてはならない必要不可欠である製品のものづくりに携わりたいと思うようになりました。フタムラ化学では生活に必要不可欠な食品包装用のフィルムを製造していて、これは自分の身の回りに必ずあってたくさんの人が手に取っているものです。そんなフィルムの製造に携わりたいと思ったことが入社の決め手です。

加藤

牛山さんと似たような感じなんですけど、『ものづくり』に関わりたいという気持ちと、生活する上でかなり身近に存在するものを扱っているという点が一番の決め手になりました。 日常生活の中でフタムラ化学という社名を外で見かけることはあまりありませんが、縁の下の力持ちのように生活の一部を支えているという点は会社へ興味をもつきっかけになると思いますし、魅力のひとつといえるのではないでしょうか。 あと、会社説明会などで先輩社員の方々とお話しする機会があって、「社内の従業員同士、プライベートで遊びに行っているよ!」という話を聞いて、とても雰囲気が良さそうな会社という印象を受けました。実は、知り合いがこの会社に勤めていて、「ここの会社の人、すごく良い人たちだよ」と聞いていたので、気づいたらこの会社で働きたいと思い入社を決めました。

session02仕事で楽しいと感じるのはどんなときですか?

牛山

お客さんに指摘をもらった不具合について改良を行い、不具合が出なくなりお客さんに感謝されるときに1番やりがいを感じますね。以前、ある不具合が発生した際は、こちらで検証を行い対策した製品をお客さんにも評価してもらったところ、最終的には営業さんを通じて感謝の言葉をいただきました。

牛山イメージ写真

加藤

私たちが開発している製品は、コンビニやスーパーで見かけるものが多いので、自分が携わった製品の採用が決まり、お店に置かれているのを見ると頑張ってよかったなと思いますし、仕事に対してやりがいを感じますね。
もちろん、いつも上手くいくことばかりではなく、失敗してしまうことや期待した結果が出ず行き詰まってしまうことも多々あります。そんな時は、もう一度しっかりと結果を精査したり、上司や先輩方に相談しアドバイスを頂いたりして、次にどんなアクションを起こすべきかを考えます。
お店に並ぶまでには、何度も失敗して改良の連続となるので、製品には自然と愛着がわきますし、試作・評価を繰り返して期待した結果が出たときは達成感を感じます。

session03職場の雰囲気を一言で表現すると?

牛山

トラブルを解決するには、専門的な知識が必要となるケースが多いのですが、何かに行き詰まったときに相談しやすくて、また上司に自分の意見を聞いてもらえるので、とても相談しやすい職場環境だと思います。
仕事の関係者が集まる打合せがあるのですが、その場面でも自分の意見を発言しやすくて、自分の発言した案について実際にやってみようとなることも多いので仕事がしやすいですね。

加藤

私は、メリハリがある職場だと感じています。うちの会社は、チームごとに担当するテーマが複数あって、それぞれのテーマを1~2人で進めています。メンバーそれぞれが担当するテーマを進めるにあたって、日々様々な実験や試作、評価を行っていて業務中はそれぞれが目標に向かって仕事に取り組むのですが、休憩中は最近の出来事や他愛のない会話をしているのでとても和やかな雰囲気ですね。
あと、実験やサンプルの評価など個人で作業することも多くありますが、グループのメンバーと協力する作業や他部署の方に協力していただくこともよくあります。分からないことや困ったことがあっても相談しやすい雰囲気ですし皆さん助けてくれるので、働きやすい職場だと感じています。

session04あって良かったと思う社内制度、福利厚生は何ですか?

加藤

会社から家賃補助が出るので非常に助かっています。実家から通勤するには少し遠いので、現在は会社の近くで1人暮らしをしているのですが、自己負担3割なので、家賃にそれほどお金がかかりません。なので、金額の上限があるにしても7割は会社が負担してくれることになるので、家計的には楽になりますね。
また、年に数回スポーツ大会が開催されますが、普段はなかなか交流がない他の事業場の方々と交流することができるいい機会になっていると思います。牛山さんは、卓球準優勝なのでめちゃくちゃ強いです!

加藤イメージ写真

牛山

昔、卓球部だったんですよ。でも、一応卓球は女子限定のスポーツ大会になりますね。うちの会社には、マラソンが本当に好きな人がいて、スポーツ大会に本気で参加している人がいますね。もちろん、ジョギング程度の方もいて記念に参加されている方もいます。なので、参加して楽しむこともできるし、本気で楽しむこともできます。

加藤

そうですね。普段の業務で全く関係性のない方でも、スポーツ大会を通して様々なコミュニケーションを交わすことができるので、とても良い関係性を築けています。

牛山

私自身、まだ自分が関係しているわけではないのですが、産休や育休の制度がとてもしっかりしていて将来安心だなと思っています。私の所属している部署には女性社員が多く在籍しているので、私が入社してからも妊娠され産休、育休に入られる方が何人かいらっしゃいましたが、どの方も育休が明けてからも以前と同じ職場、部署で休みに入る前と同様にバリバリ働いています。
あと、時短勤務やお子さんの熱による急な休みにも理解があり女性でもとても働きやすい環境になっていて良いなと思っています。特に、冬になると子供に熱が出やすくなるので、上司が「早く帰りなよ!」といっているのを見ているので、良い会社だなと思っています。
もし、次の日に出勤できなくても、その方の仕事をみんなで分担して同じチーム内でフォローし合っているので、仕事は問題なく進んでいます。

session05今後どのようなことを実現したいですか?

牛山

今はコロナの影響でほぼ出張に行けず、お客さんと直接話す機会があまりない状況ですが、お客さんのところへ営業さんと2人で出張し説明しにいったことがまだないので、行ってしっかりと説明できるようになりたいと思っています。
品質保証の仕事としては、不具合があった場合に原因の調査や改善、改良を行っていくことになるのですが、もっと自分が主体となって改良できるようになりたいのと、さらに将来的には不具合を未然に防ぐことができるような品質管理を行えるようになりたいですね。

加藤

私は、フィルムの設計、開発に携わっているので、お客様のお役に立てるような機能を持った新製品の開発を目指していきたいですね。あと、私は物事を考えるときに一つの視点から考えてしまいがちで、上司や先輩方へ仕事について相談すると「他の考え方もあるんじゃない?」といわれることがあるので、まだまだ勉強不足だなと感じることが多くあります。
これからは、様々な経験を通して知識を身につけるだけでなくて、物事を幅広い角度から捉えられる人になっていきたいです。

OTHER CROSS TALKクロストーク

フタムラ化学 コーポレートサイトへ

Copyright © FUTAMURA CHEMICAL CO.,LTD. All Rights Reserved.